トップページ > こだわりの材料・素材

こだわりの材料・素材

坂田建築はこだわりの材料・素材である無垢材を使った家作りをしています。
そんな思いを皆様にも伝われば、と思っております。

木の話はいかがですか?

無垢の木を使った家の良さは、温かな肌ざわりと心に安らぎをもたらす気持ちよさにあります。
感覚的な要素以外のメリツトも見逃しません。無垢材は接着剤などシックハウスの原因となる揮発性有機化合物を含んでいないので健康に対しても安心です。
国産材を用いれば国内の森林資源にも役立ちます。
坂田建築は、国産材、地元兵庫県産材の木材を多く使うよう心がけています。
木の良さを知ることで本当に皆様に自信を持ってお奨めできる家づくりが出来るものと考えております。

木の性質

木材は比較的軽く、木が成長していく方向(繊維方向)の強度が非常に高いので、地震に強い構造にすることが出来ます。
衝撃にも吸収しやすく、熱を伝えにくくそのため、肌ざわりが優しくやわらかいのがとても良いところです。
室内の温度変化にも高い断熱性や調湿性を持ち合わせており、最近は二酸化炭素を吸着し、そしてで十分な睡眠をとるのにたいへんよいと言われております。
一方、湿度に長時間さらされると腐りやすい弱点をもっています。そのため家では換気や通気を確保する必要があります。言い換えますと適切な環境さえ保っていけば、正倉院や法隆寺などのように1000年以上建物を維持存続するのも十分可能です。
弱点のもうひとつは、湿度によって木が曲がったり収縮したりします。それを防ぐために山から切り出した木を十分乾燥させます、またそうすることにより高い強度を得ることができます。
またこのような天然乾燥と専用の機械でする 人工乾燥とがあります。

用途

また、樹種の特性を生かした使い方、使用場所を考えたいです。
たとえば、国産材は高温多湿の日本の風土に合う家づくりに最適です国産の檜はシロアリに非常に強く土台のような腐朽や湿気による被害を受けやすい部位には耐久性に優れた国産の檜を使います。

家は住み始めてから、永い年月使い続けていくものです。
家に用いる素材はそこに住まれる方の、健康や建物の寿命にたいへん大きな影響を与えます。
永く安心して使える木材を選ぶことが何より大切です。